2016.04.27 Wednesday 09:58

プロのデザインのロゴを簡単に作る方法

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。

さて、今日は、便利なサービスをご紹介!

--------------------------------
プロのデザインのロゴを簡単に作る方法
--------------------------------

です。


プロのクリエイターの人たちに、完全にオリジナルのものをつくってもらいたい。

そんな時はクラウドソーシングのサービスが便利です。

最近、クラウドソーシングのサービスも増えてきましたが、代表的なのが
こちらのクラウドワークス

依頼をすると、ここに登録をしているクリエイターさんたちが提案をしてくれます。



相場的にはロゴの場合は3万円〜5万円くらいです。

オリジナリティあふれるもので、比較して選びたい!という人に向いている
サービスです。



一方で、そこまでこらなくてもいいけど、でも自作じゃないプロっぽいものが
欲しいなあという人はこちら。



つくりたいロゴの文字を入れると、自動でいろいろなロゴが出て来ます。

文字は英語でも日本語でも大丈夫です。

そして、いろいろ見て欲しいものがあれば、購入。

ロゴは自分のホームページや名刺で使うだけであれば、1024pxあれば
十分なので、一番安い9.99ドルでOK。

その他、名刺デザインやレターデザインもすべて含めたパックは34.96ドル。



ちょっと前であれば

「知り合いにクリエイターさんいないしなあ。。」

「ネットで探して知らない人にお願いをするのも心配だなあ。。」

「いくらかかるのかなあ。。」


といった悩みや不安があったけど、こうしたサービスが出てきて
本当に便利になりましたね。


ぜひ、ロゴをつくりたいな、新たに作り変えたいな、という人は
試してみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.26 Tuesday 09:50

人をひきつける言葉のつくり方

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕の講座の受講生の方たちから要望が多いもののひとつが

「キャッチコピー」

であったり

「人をひきつける言葉」

のつくり方。


ただ、僕らはその道のプロではありません。

やはり、その道でずっとやってきている人にはかないません。


そこで、僕がおススメするのが、そうしたプロの方たちの力を借りるということです。


具体的には、電車の中づり広告や、新聞の下の部分にある広告のキャッチコピー
をベースにしてみるというやり方です。


広告は、その道のプロの人たちが考えて生み出したキャッチコピーの宝庫です(^^)


ということで、今日、参考にするキャッチコピーはこちら。


--------------------------------
保険会社が知られたくない生保の話
--------------------------------

です。


「えっ!何だろう?」

と気になりますよね。


では、これをベースに考えてみましょう。


--------------------------------
■整体師が知られたくない肩こり解消の話

□エステサロンが知られたくない効果的な痩せ方の話

■パン屋さんが知られたくない美味しいパンのつくり方

□敏腕マネージャーが知られたくない部下が成果を上げる方法

■コンサルタントが知られたくない人をひきつける言葉のつくり方
--------------------------------



自分が興味ある分野の話だったらつい、読んでみたくなります。


その道のプロの人が知られたくない情報。

人はそんな情報に興味をひかれます。


そして、僕たち、独立した人というのは、何かしらの分野の「プロ」です。


だから、こんな言葉をブログの記事タイトルに入れたりする。

あるいは、何かのイベントで自己紹介する時に、例えばエステサロンの
オーナーであれば

「横浜でエステサロンを経営している山田花子です。

 エステサロンが知られたくない効果的な痩せ方に興味ありませんか?

 効果的に痩せるにはポイントが3つあります。」

といった感じで1分くらいにまとめて伝える。


単なる「何をしているのか?」を一生懸命に話す自己紹介よりも
プロっぽさが伝わりますね。


人は誰しも「素人」よりは「プロ」にお願いをしたいもの。


だから、その道の「プロ」ならではの話をすることで

「この人は詳しい」⇒「ということは、自分のXXの悩みを解決してくれるのでは?」

と思ってもらうことができるのですね。



ぜひ、自分のビジネスに〇の部分と□の部分を当てはめて考えてみてくださいね!

--------------------------------
〇〇が知られたくない□□の話
--------------------------------


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.25 Monday 09:47

1時間の過ごし方の濃度を濃くする方法

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


さて今日は

--------------------------------
1時間の過ごし方の濃度
--------------------------------

をお届けします。

普通の人と、結果を出す人の違いは

「1時間の過ごし方の濃度」

の違いです。


全ての行動には「目的」があります。


ただ、その目的をどこに置くかで

「行動」

が変わってきます。


例えば、整体師として起業準備している人が、施術のスキルと
接客力の向上のために100人の人に施術をする。

コーチとして起業準備している人が、100人コーチングをする。


そんなことをする人たちも多いかと思います。

そんな時に、最初の10人、20人は緊張もするだろうから、
まずは実施することに専念するのはいいと思います。

でも、そのまま100人を終わらせてしまうのはもったいない。


本来の目的は、スキル向上もあるけど、起業した後に
スムーズにビジネスを開始することです。

その視点で考えた時に

■施術した人に感想を書いてもらう(体験者の声を集める)

■誰か友だちを紹介してもらう

■仲のいい人に、サービスしている様子を写真に撮らせてもらう

など、起業後に、これからサービスを受けようとする人たちにとっての

■不安や疑問を解消

したり

■申込みしやすくする

きっかけをつくるための行動がプラスされます。


つまり、

「目の前の目的」

から、さらに

「もう一段先の目的」

に視点を持って行く。



あるいは、1年後や3年後に得ていたい状況を思い浮かべて

「そのために、今やっておいた方がいいこと」

を考える。


そうすることで見えてくることがあります。


なお、この視点をずらしてみるようにすることは訓練すれば
誰でもできるようになります。


まずは、自分が何か行動するときに

「何のためにやるんだっけ?」

と自問自答するところから始めてみてくださいね。


何気なく過ごす時間を減らし、意図して過ごす時間を増やしていく。

これが起業した人の過ごし方です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.23 Saturday 09:44

夢をかなえるゾウ「面倒臭がり」

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

「ビジネスリーダーたちの言葉」のカテゴリーでは、リーダーの言葉
から学んでいます。

が。。


しばらくは、実在の人ではなく、ある本の主人公からの言葉をお届けします。

その本は、読んだことがある人も多いかもしれませんが

「夢をかなえるゾウ」

です。


この本から、ガネーシャの言葉をお届けしていきます。

ガネーシャの言葉にも「起業家」に役立つエッセンスがいっぱい詰まっています。


世の中のほとんどのやつらが凡人やってんのも、

そいつらが「面倒臭がり」やからや。

それだけなんや!


会社員時代はマネージャーとして多くのメンバーの成長に関わって来ました。

その活動を通して、人にはふたつのタイプがあることに気づきました。


ひとつのタイプは、何かしようとした時に

「出来ない理由」

を見つけて報告したり、言われたことだけをとりあえずやる人。


もうひとつのタイプは

「まず行動」

してみて、その中で出てきた疑問や課題を相談する人。

さらに、その

「行動の意味や目的」

を考え、そのために必要なことも含めて行動する人です。



また、行動の結果得られるものは

■大変なこと

■面倒なこと

ほど大きいです。


これまでの人生の中で、苦労した時ほど、得たものが多く充実した
経験はありませんか?


僕自身、起業してからはいろんな課題にぶつかります。

その時に、その瞬間は、何かはわからないけど、でも

「それを乗り越えた時に得られるものは必ずある」

と信じて行動する。

そして、実際に、お金には代えられないものをたくさん学び、得ています。



誰しもが

「大変だなあ」

「面倒だなあ」

という時は、一瞬気持ちがひるんだり、なえたりするもの。


でも、その先には、自分のビジネスにおいて、人生において

「とっても大事なこと。必要なこと。」

を学んだり得たりすることができること。

「大変だなあ」

「面倒だなあ」

と感じることは、そのための

「合図」

なんだということを忘れないようにしてくださいね!




このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.22 Friday 09:42

動かなければ景色は変わらない


独┃立┃起┃業┃語┃録┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
#126

動かなければ景色は変わらない

歩みを進めれば新たな景色が広がる

行動すれば新たな気づきがある


━━━━━━━━━━━━━━━
エクササイズ・クエスチョン
━━━━━━━━━━━━━━━


これまでの人生の中で自分で決めて行動することで得たものは何ですか?

その時の気持ちはどんな気持ちですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.21 Thursday 09:39

メルマガだけ読んでいます

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


さて今日は

--------------------------------
メルマガだけ読んでいます
--------------------------------

をお届けします。


先日クライアントさんから、そういわれました(^^)


人によって情報収集のメインの媒体って違うのですね。


メルマガの人もいれば、ブログを見る人もいる。

Twitterメインの人もいる。


ちなみに講座の受講生やクライアントさんから多い質問に

「ブログとメルマガとフェイスブックやTwitterのどれをやったらいいですか?」

というものがあります。


答えとしては、すべてできるのであれば、すべてやった方がいい。

なぜなら、それぞれ、メインで見ている人は異なるから。


つまり、たくさんの媒体を用意できれば、それだけ自分とお客さんが
出逢える確率が高まるのですね。



ただ、もう一つ大事なことがあります。

それは、やるからには

「継続して行う」

コトが大事です。


その視点で、

「自分が継続して行えるものは何だろうか?」

ということを考えることも忘れてはいけません。


僕の場合は、メルマガです。

そして、このブログにはメルマガの内容を掲載しています。

でも、こうすることで、ブログをメインで見ている人にも情報提供が出来ています。



まずは、自分が継続できそうな媒体は何かを考える。


その次に、そこで、何を伝えるかのテーマ設計をする。

僕の場合は、メルマガは週3回なので、3つのテーマに分けています。

そうすると「書くコト」の大枠が決まるので継続的に書きやすくなります。


さらに、そのコンテンツを、横展開するとしたら、どの媒体に載せられるかを考える。


同じコンテンツを複数に載せると

「見ている人に嫌がられるんじゃないか?」

と考える人も多いですが、大丈夫です!


そんなに、世間の人は僕たちに興味を持っていませんから。


もし、自分のあらゆる媒体を見てくれている人がいたら、その人はあなたの

「ファン」

です。


その人から

「いつも、メルマガもブログも同じ事書いていますよね。。」

と言われたら

「そんなに全部見ていてくれているんだ!ありがとう!」

と感謝の気持ちを伝えていけばよいです(^^)



ちなみに、自分のお客さんがよく見る媒体は何だろうか?の視点も
忘れないでくださいね。


自分のお客さんがいないところで情報発信しても意味ないですからね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.20 Wednesday 09:36

夢をかなえるゾウ「自分をホメて終わるんやで」

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

「ビジネスリーダーたちの言葉」のカテゴリーでは、リーダーの言葉
から学んでいます。

が。。


しばらくは、実在の人ではなく、ある本の主人公からの言葉をお届けします。

その本は、読んだことがある人も多いかもしれませんが

「夢をかなえるゾウ」

です。


この本から、ガネーシャの言葉をお届けしていきます。

ガネーシャの言葉にも「起業家」に役立つエッセンスがいっぱい詰まっています。


一日の最後はな、頑張れんかったこと思い出して

自分を責めるんやなくて、自分をホメて終わるんやで。

そうやってな、頑張ったり成長することが「楽しい」ことなんや、

て自分に教えたるんや。


自分を責めるコト。

自分をほめるコト。

僕らはどちらも選択することができます。


そして、ビジネスでも、スポーツでも全て

「制約条件の中で成果を上げる」

ようになっています。


最初から、万能で、お金も潤沢で、環境も整っている人っていません。

足りないものがたくさんある。


だから、自分自身で学んだり、人の力を借りながら成果を上げるために
歩みを進めて行く。


起業するということは、そんな歩みをずっと続けていくことです。

気力を充実させ、自分の足で階段を一段ずつ登っていくことです。


そのためにはどうしたらいいのか?


まず今の等身大の自分を知る。

その上で、毎日、ちょっとチャレンジをしてみる。

そんなチャレンジした自分を認め、ほめてあげる。

その積み重ねで、目に見える成長ができたらまたほめてあげる、

さらにその先に、ひとつの成果が出たら、またほめてあげる。



もちろん、その逆もできます。

チャレンジしなかった自分を責める。

成長しているけど、足りていないところを見つけて自分を責める。

成果が出たのに、他と比較して、時間がかかりすぎたとか、
成果が小さかったと自分を責める。



どちらの人生を歩んでいきたいか?

どちらをずっと続けると自分にとって、自分の未来にとって
よさそうか?



最後にもう一度、ガネーシャの言葉をかみしめてみましょう。

--------------------------------

一日の最後はな、頑張れんかったこと思い出して

自分を責めるんやなくて、自分をホメて終わるんやで。

そうやってな、頑張ったり成長することが「楽しい」ことなんや、て自分に教えたるんや。

--------------------------------



このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.19 Tuesday 09:33

○○を忘れない


独┃立┃起┃業┃語┃録┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛
#125

目指すゴールを忘れると目先にとらわれる

目指すゴールを見つめているとやることが見える


━━━━━━━━━━━━━━━
エクササイズ・クエスチョン
━━━━━━━━━━━━━━━


行く場所がわかっていれば手段を考えることができる。

電車にするのか、バスにするのか、歩いていくのか。

電車でもどのルートで行くのか。



ビジネスも同じ。

設定するゴールは、大きな最終ゴールでもいい。

来年や半年後のゴールでもいい。


半年後、来年末、3年後、5年後。

自分がイメージしやすい「未来時間」で考える。


その設定した時までに、あなたはどんな状態を目指しますか?


そのために、まずは、何をしたらいいと思いますか?



このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.18 Monday 09:30

「好き」を仕事にする本当の意味

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


さて今日は

--------------------------------
「好き」を仕事にする本当の意味
--------------------------------

をお届けします。

自分が好きなこと、楽しいことを生業にしてけたらいいですよね。

ただ、それを起業して仕事にするとした時に

「単なる好き」

ではダメなのです。


仕事にするレベルの「好き」は

■日々の生活や街中を歩いていてもそのことに結びつけて考えてしまう

■その分野の本を読むのが本当に楽しい

■気づいたらそのことに関することばかりを学んでいる

レベルであることが必要。


そのレベルであれば、どんな問題が発生しても

■どうしようか?

と考え

■本や知り合いなどのその分野の「情報源」

を調べて乗り越えて行ける。

そして、乗り越えることで、また一つスキルアップする。


例えば、僕の場合は、それが

■行動科学

であり

■リーダーシップ

です。


会社員だった時のマネージャー時代と、独立した今でも
変わらないのが

■人の成長に関わる

ということです。


ただ、それは

「人事プログラムをつくる」

とか

「講演」

をするというコトではなく

「行動をする中で気づいて成長をする」

ということです。


だから

「人が行動をするメカニズム」

に興味があり、その情報を積み重ね、実践し続けてきて15年になります。


人は他人に言われても行動しません。

だから、このメルマガでも、どうしたら

「それをやってみようかな」

と思ってもらえるだろうか?というコトを考えながら書いています(^^)


自分が、ついつい学んでしまうコト。

日々の生活の中で、結びつけてしまうコト。

そのことばかりを考えてしまうコト。

そんな「好き」は何ですか?

その「好き」と「ビジネス」はつながっていますか?



このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.16 Saturday 09:27

夢をかなえるゾウ「人は、○○のところに集まるんや」

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

「ビジネスリーダーたちの言葉」のカテゴリーでは、リーダーの言葉
から学んでいます。

が。。


しばらくは、実在の人ではなく、ある本の主人公からの言葉をお届けします。

その本は、読んだことがある人も多いかもしれませんが

「夢をかなえるゾウ」

です。


この本から、ガネーシャの言葉をお届けしていきます。

ガネーシャの言葉にも「起業家」に役立つエッセンスがいっぱい詰まっています。


人は、自分の自尊心を満たしてくれる人のところに集まるんや。



「自尊心」とは簡単に言えば

「自分の存在を正しく認識し、肯定してくれること」

です。


これは、僕の講座や塾、コンサルティングでも特に重視をしている

「あなたのお客さんは誰か?」

ということと

「そのお客さんにとっての価値は何か?」

と同じです。


お客さんは、基本的に提供する人や提供するサービスに何の興味も持っていません。

もちろん、あなたの仲の良いお友達や家族などは違います。


ただ、いわゆる「お客さん」が求めているものは

「自分にとっての価値」

であり

「自分の課題解決」

であり

「自分を満たしてくれるかどうか」

です。


だから、自分のビジネスのお客さんの課題を解決したり、満たしてあげるには

「何をしたらいいのか?」

を考えることが大事です。


そして、その視点で考えると

■提供する商品やサービス

はもちろんのこと

■コミュニケーション方法

■ホームページやブログでの伝え方

などでやるべきことが見えてきます。



「自分の彼女や彼氏に誕生日に喜んでもらうにはどうしたらいいか?」

と同じです(^^)


その時は、とことん相手が何を欲しているか、何をしたら喜びそうかを考えますよね。


お客さんが自分にとって、とても大切な人で、その人のために何ができるか?



あなたのサービスは、お客さんのココロを満たしてあげていますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 1/95PAGES | >>