2015.11.17 Tuesday 10:07

この人みたいになりたいなあ

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕は講座や起業家塾、コンサルティングを通して

「身近な憧れ」

の人たちを増やしていくことを目的にしています。


イチロー選手のような、有名歌手のようなすごい憧れの人じゃなくていい。


身近に

「この人みたいになりたいなあ」

「一緒に仕事してて楽しいなあ」

と思われる人。

ママやパパであれば子どもたちから

「僕、パパと一緒に仕事するんだ!」

「私、ママみたいなお母さんになるの♪」


と言われる人。


そんな人たちがたくさんいると、いいですよね。


だから、講座やコンサルティングでも

「ぜひ、身近な憧れになってくださいね!」

と伝えています。


そして、先日の講座の最後の感想で

「私、身近な憧れになります!」

と言ってくれた受講生がいました。


僕的には、胸キュンです(笑)

全力で彼女を支えていきたいなと思ってしまいました(^^)



そして、今この瞬間も、青森でそして東京で身近な憧れに既になったり

なりつつある女性起業塾生やクライアントさんたちがいます。


彼女たちを支えながら、そして、時には仲間として協業したりしながら、

また時には彼女たち同士を紹介したりしながら僕自身も身近な憧れに
なるべく歩んでいきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2014.04.25 Friday 09:14

青森の起業家支援の裏側

いかなる環境、条件の中に置いても、自らの能力と可能性を
最大限に発揮して道を切り開きこれからの時代を創る。


そんな個人起業家(個人事業主、フリーランス、ひとり社長)の
ためのコンサルティング&IT活用支援の「ビズフリ―ランス」代表
かりやコージです。

「餅は餅屋」

これは僕がよく言っているキーワード。

僕らはひとりひとりがそれぞれ、いろいろな「強み」を持っています。

自分にとっては「当たり前」過ぎて「認識」出来ていない人も多い。

でも、ひとりひとりが必ず持っているのですね。

そして、僕ら独立起業した個人事業主や、フリーランス、ひとり社長は
それを武器に闘うわけです。


でも「強み」は万能ではない。

ある部分に「特化」しているから「強み」なのですね。

一方で、ビジネスを進めるためには、様々な「専門力」が必要になります。

■営業力
■マーケティング力
■マネジメント力
■商品・サービス開発力
■計画力
■実行力
■人脈づくり
■キャッシュフローなどの資金管理力

  :

それをひとりで全部身に着けるのは難しい。

だからこそ「餅は餅屋」でそれぞれが得意な人と組む。

これが個人起業家の仕事術です。


そして、この視点を「人」から「地域」に広げてみると同じ事が
言えるのですね。

東京ならではの強み、青森ならではの強み、福岡ならではの強み・・・

というように、それぞれの「地域」ごとの強みがあります。

青森の

■自然力
■豊かな食


は東京にはないものです。

だから、僕は「東京」×「青森」など、地域ごとの「餅は餅屋」
も十分に成り立つと考えています。



そして、その意味では、僕は将来的には、いろいろな地域にも
関わって行くことも考えています。

ただ、偶然にも僕のこの「餅は餅屋」の発想と同じ想いを持った
地域活性化の団体があった。


それが、現在、提携している青森の「LoveAomoriProject」です。

このプロジェクトの代表の後藤清安さんに3年前に出会いました。

この2年間は、青森へは年に2回ほど行きました。

また東京での後藤さんとのミーティングや東京在住の青森出身者の方
との会話。

その中で、僕が何が出来るのか?を考えてきました。

そこで、いくつか仮説を立て、今年はそれを試してみようと。

そして、まずは青森で新たに立ち上がるシェアオフィスと提携して
女性起業家塾を開催して行きます。


「餅は餅屋」の概念は「掛け算」です。

青森の起業家 × 僕の知識・経験

青森の地域の強み × 東京の地域の強み



どれとどれをかけると「結果」が出るのか?

そんな視点で関連する人たちの「想いを形」にしていくことが僕の役割です。


なお、今後はより具体的な話をオープンにできる段階が来たら順次、公開
して行きますね。


夏には、福岡へ呼ばれています。

あと、広島へももしかしたら行くことになるかもしれません。

僕自身も種まきをしながら、自分の「想い」を「形」にしていきますね!


JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2014.02.07 Friday 09:51

息吹を吹き込み、楽しさを紡いでいく

独立起業した人が「身近な憧れの存在」になる!
お互いが共感する「想い」を軸に「専門力」でつながり「成果」を上げる!


起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。


昨日、今年初のJazzライブでした。

Jazzのライブってまさに「活き」てる。

演奏が始まると、ミュージシャンによって楽譜に息吹が吹き込まれる。

Jazzならではのアドリブが始まるとミュージシャンによって音楽が紡がれていく。

同じ演奏は二度とない。

その瞬間に居合わせた人しか得ることが出来ない空間と時間。





プロがつくりだすそんな時間を共有できるのって本当に至福の時です。

ビジネスはともすると無味乾燥なものになりがち。

だからこそ、息吹を吹き込み、楽しさを紡いでいく。

Jazzのライブを聴くたびにそんなスタイルを追求して行こう!と思います(^^)


JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.12.07 Saturday 10:57

僕のマニアな分野

こんにちは。
起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。

僕がよく言う「餅は餅屋」

要はそのビジネスのマニア(笑)
まわりがあきれるほど24時間、そこに情熱を注ぎこんでいる人。

僕のマニアな分野は

相手の強みや魅力を発見しそれを「見える化&魅せる化」し
 ビジネス使えるようにするコト

ビジネスを進める上での障害を取り除き前に進める状態にするコト

非効率な作業を効率化するために「しくみ化」するコト


です。もうめちゃ楽しい♪

独立してからはよりこの部分にエッジが立ち、そこから数えても9年。

実はこの部分の志向を始めたのは15年前だから、実際はそれからの蓄積です。

本当にこれらをするための引き出しが増えました(^^)

この分野を専門で、これだけ楽しみ継続している人は他にはいないの
だろうと思います♪

いたら、ライバルなどではなく、マブダチ決定!です(笑)


JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.11.18 Monday 10:24

個人起業家、フリーランスの「羅針盤」

ビジネスを始めると多くの分岐点があります。

会社勤めの時は、どちらへ行くのか?を経営者が上司が決めて
くれました。

間違った方向へ行っても、責任は意思決定した人にありました。

また、リカバリーもみんなで力をあわせて行うことが出来ます。


独立起業するということは「意思決定」をする立場になったと
いうことです。


そして、自分で決めたことの責任は当然自分にあります。


とても怖いことです。

だから、どうしても「意思決定」を避けたり、先延ばしにしがちになる。

これは、これまで200名を超えるフリーランスの方、個人起業家の方と
講座を通して、個別相談を通してその「悩み」や「課題」を聴く中で
わかってきた事実です。


でも、一方で、ビジネスは「新たな行動」しか「新たな成果」は生まれません。

そして「行動」するには「意思決定」が必要です。



だけど、まったくの未知の場所で「意思決定」することは難しいことです。

でも、「地図」があり「現在地」と「目的地」がわかり、さらに羅針盤が
あり方角がわかったらどうでしょう。

もちろん、「現在地」から「目的地」にいたるためのルートは複数あります。

進んで行った先に何があるかわかりません。


険しい山道かも知れない。

「課題」というがけ崩れが目の前に立ちはだかるかもしれない。


だけど、少なくとも

「こちらへ進めば目的地に近づく」

という「確信」は持って進むことが出来る。


これって、すごく「心強い」ことです。


ビズフリ―ランスは、そんな個人起業家、フリーランスの「羅針盤」です。



「講座」は知識武装の場です。

目的地へ向かうために必要な視点、情報を学び、必要な装備を身につけます。


そして「グループ相談」「個別相談」は進む中で立ちはだかった「課題」や「悩み」
を時には仲間と共に、時には僕と1対1で「解決」していく場です。



「自分もビジネスも成長させ成果につなげる」

ために15年以上にわたる個人ビジネスから企業ビジネスまで、多くのビジネス
の現場で得て来た知識、経験が詰まった「引き出し」をぜひ活用ください。





JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.11.06 Wednesday 10:19

個人起業家、フリーランスの「一燈」であること

初めての独立起業。

右も左もわからない。

僕らは今まで見たり、聞いたりしたことしかわからないもの。

日本では学校で独立独歩で歩く方法を教わらない。


でも、独立起業したらそんなことは言ってられない。

なぜなら、ビジネスは「立ちどまって」いたら何も始まらないから。

行動が全てです。


でも、暗闇の中で動くことは不安です。

闇雲に動いて違う方向へ行ってしまうコト、段差につまづいてしまうコト。

それってもったいない。


だから、僕はそんな独立起業した人の足元を照らす「一燈」でありたいのです。




もちろん、進む先は平たんな一本道ではありません。


たくさんの分岐点があり、都度意思決定が必要になって来ます。

先が見えない上り坂も、ちょっときつい段差や階段もあります。


でも、まずは、それが見えるだけでも、何も見えないよりもいい。

さらに、分岐点がある時の意思決定に置いて参考となる情報があれば
意思決定もより「意識」して行うことが出来るようになります。

先が見えない上り坂やきつい階段も、そこを登った先に見える景色が
あることを知れば頑張ることが出来ます。


15年以上にわたる個人ビジネスから企業ビジネスまで、多くのビジネス
の現場で得て来た知識、経験による

「自分もビジネスも成長させ成果につなげる」

ための「情報の引き出し」をぜひ活用ください。





JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.10.25 Friday 09:24

ビジネスをする時に大事にしている感覚

こんにちは。
起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。

ビジネスをする時に大事にしている感覚があります。

それは、ラジオのチューニングのように、相手に共調・共鳴させること。

どんな価値観を大切にし、どんな視線で何を見て、どこを目指して
いるのか?

これをミーティングを通してあわせていく。

このチューニングが出来ると、クライアントさんと同じ目線でみる
ことが出来るようになります。


その上で、コンサルタントとして前後左右、上下など別の角度からの
視点でその景色を見てみる。

すると見えてくるものがあるので、それをフィードバックする。


これが僕のコンサルティングスタイルです。

ホームページ制作も同じスタイルで行っています。

だから、どうしても最初に実際に会って打ち合わせをする必要があるのですね。

そこでチューニングをする必要があるのです。


メルマガ読者を対象に現在、月2件限定で手掛けているホームページ制作。

昨日、先月から制作していた1件を納品&ワードプレスでの更新の仕方
などのレクチャーを終了。


今月はあと1件です。

クライアントさんのビジネスの「見える化」&「魅せる化」のお手伝いが
出来ることって本当に楽しいですね♪


JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.10.17 Thursday 11:15

「餅は餅屋」のフレームワーク

こんにちは。
起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。

ことあるごとに「餅は餅屋」と言い続けて5年。
この言葉に呼応する仲間たちも増えてきました♪

ちなみに、僕の中の「餅は餅屋」のフレームワークがこれ。



この「餅は餅屋」で動いていくと、やれることが増えるし、刺激的な
仕事が増えるのですね。


そして、専門力の時代と言われる今の時代だからこそ、さらに一歩進んだ
専門力でつながる状態づくりが重要。


また、だからこそ、個別相談ではこのベースとなる
「価値ある&その人がめちゃ興味ある専門力や強み」
をあぶり出すことを大事にしてます。



JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.10.07 Monday 13:18

クライアントさんとのミーティングが終わり、ふと思ったコト

こんにちは。
起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。

コンサルをしてて、僕が出来ない分野や不得手な分野を得意として
いるクライアントさんたちってすごいなあと純粋に思うのですね。

僕ひとりが、僕の会社が、今の時代の社会に置いて出来ることって
ほんの一部です。
必要とされているモノやコトって山ほどある。

やはり、餅は餅屋なのですよね。

得意分野への熱い想いを持ち、どんな困難を乗り越えてでも前に
進んで行こうとする。

それは、心底そのことが好きで意義を感じている人じゃないとできないコト。


だから、独立起業した人のビジネスを支える「ビジネス推進オフィス」
として、いろいろな分野のプロの起業家の人たちを

時には、ビジネスのプロセスをいっしょに考えたり

時には商品やサービスの展開方法を考えたり

時にはサイトで見える化&魅せる化したり

時にはやるべきコトの優先順位を一緒に考えたり

時にはたくさんの情報を話を聴きながら整理して言語化や図式化したり


しながら、支えて行く。

毎日の中で、クライアントさんの新たな一歩、未来への一歩、
そのクライアントさんのサービスを必要としている人への一歩をつくりだす。

時には一緒にプロジェクトを組む。

そんな関わり方を、そんな役割をこれからも大事にして行こう。


クライアントさんとのミーティングが終わり、ふとそんなことを思った月曜日です。



JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.04.14 Sunday 19:03

『一燈照隅、万燈照国』の状態づくり

一燈照隅、万燈照国
(いっとうしょうぐう、ばんとうしょうこく)



by 陽明学者・思想家 安岡 正篤(やすおか まさひろ)





意味は下記です。

一つの燈火を掲げると一隅を照らすことができる。

そうした誠心誠意の歩みを続けると、いつか必ず共鳴する人が現れてくる。

一燈は二燈となり三燈となり、いつしか万燈となって国をほのかに照らすようになる。

だからまず自分から始めなければいけない。

そのためには自分自身が燈火(ともしび)にならなければいけない。

それは手燭を持つことではない。

そんなものは吹き消されたらそれっきり真っ暗になってしまう。

そうではなく、自分自身が発光体になるのだ。




僕は今の時代において、高い志を持ったスモールビジネスのオーナー
の人たちは、ひとりひとりがまさにこの

「ひとつの燈火」

なのだと思うのです。

そして、その人たちのまわりで働く人、お客さんにその「燈火」が
共鳴し広がっていく。


だから、僕は、そのスモールビジネスのオーナーの人たちの「燈火」
が継続的に輝き続けられるようにして行きたいと思うのです。

スモールビジネスにおける『一燈照隅、万燈照国』の状態づくり
のために、これからも走り続けて行きます!



JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 1/2PAGES | >>