2016.04.26 Tuesday 09:50

人をひきつける言葉のつくり方

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕の講座の受講生の方たちから要望が多いもののひとつが

「キャッチコピー」

であったり

「人をひきつける言葉」

のつくり方。


ただ、僕らはその道のプロではありません。

やはり、その道でずっとやってきている人にはかないません。


そこで、僕がおススメするのが、そうしたプロの方たちの力を借りるということです。


具体的には、電車の中づり広告や、新聞の下の部分にある広告のキャッチコピー
をベースにしてみるというやり方です。


広告は、その道のプロの人たちが考えて生み出したキャッチコピーの宝庫です(^^)


ということで、今日、参考にするキャッチコピーはこちら。


--------------------------------
保険会社が知られたくない生保の話
--------------------------------

です。


「えっ!何だろう?」

と気になりますよね。


では、これをベースに考えてみましょう。


--------------------------------
■整体師が知られたくない肩こり解消の話

□エステサロンが知られたくない効果的な痩せ方の話

■パン屋さんが知られたくない美味しいパンのつくり方

□敏腕マネージャーが知られたくない部下が成果を上げる方法

■コンサルタントが知られたくない人をひきつける言葉のつくり方
--------------------------------



自分が興味ある分野の話だったらつい、読んでみたくなります。


その道のプロの人が知られたくない情報。

人はそんな情報に興味をひかれます。


そして、僕たち、独立した人というのは、何かしらの分野の「プロ」です。


だから、こんな言葉をブログの記事タイトルに入れたりする。

あるいは、何かのイベントで自己紹介する時に、例えばエステサロンの
オーナーであれば

「横浜でエステサロンを経営している山田花子です。

 エステサロンが知られたくない効果的な痩せ方に興味ありませんか?

 効果的に痩せるにはポイントが3つあります。」

といった感じで1分くらいにまとめて伝える。


単なる「何をしているのか?」を一生懸命に話す自己紹介よりも
プロっぽさが伝わりますね。


人は誰しも「素人」よりは「プロ」にお願いをしたいもの。


だから、その道の「プロ」ならではの話をすることで

「この人は詳しい」⇒「ということは、自分のXXの悩みを解決してくれるのでは?」

と思ってもらうことができるのですね。



ぜひ、自分のビジネスに〇の部分と□の部分を当てはめて考えてみてくださいね!

--------------------------------
〇〇が知られたくない□□の話
--------------------------------


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.21 Thursday 09:39

メルマガだけ読んでいます

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


さて今日は

--------------------------------
メルマガだけ読んでいます
--------------------------------

をお届けします。


先日クライアントさんから、そういわれました(^^)


人によって情報収集のメインの媒体って違うのですね。


メルマガの人もいれば、ブログを見る人もいる。

Twitterメインの人もいる。


ちなみに講座の受講生やクライアントさんから多い質問に

「ブログとメルマガとフェイスブックやTwitterのどれをやったらいいですか?」

というものがあります。


答えとしては、すべてできるのであれば、すべてやった方がいい。

なぜなら、それぞれ、メインで見ている人は異なるから。


つまり、たくさんの媒体を用意できれば、それだけ自分とお客さんが
出逢える確率が高まるのですね。



ただ、もう一つ大事なことがあります。

それは、やるからには

「継続して行う」

コトが大事です。


その視点で、

「自分が継続して行えるものは何だろうか?」

ということを考えることも忘れてはいけません。


僕の場合は、メルマガです。

そして、このブログにはメルマガの内容を掲載しています。

でも、こうすることで、ブログをメインで見ている人にも情報提供が出来ています。



まずは、自分が継続できそうな媒体は何かを考える。


その次に、そこで、何を伝えるかのテーマ設計をする。

僕の場合は、メルマガは週3回なので、3つのテーマに分けています。

そうすると「書くコト」の大枠が決まるので継続的に書きやすくなります。


さらに、そのコンテンツを、横展開するとしたら、どの媒体に載せられるかを考える。


同じコンテンツを複数に載せると

「見ている人に嫌がられるんじゃないか?」

と考える人も多いですが、大丈夫です!


そんなに、世間の人は僕たちに興味を持っていませんから。


もし、自分のあらゆる媒体を見てくれている人がいたら、その人はあなたの

「ファン」

です。


その人から

「いつも、メルマガもブログも同じ事書いていますよね。。」

と言われたら

「そんなに全部見ていてくれているんだ!ありがとう!」

と感謝の気持ちを伝えていけばよいです(^^)



ちなみに、自分のお客さんがよく見る媒体は何だろうか?の視点も
忘れないでくださいね。


自分のお客さんがいないところで情報発信しても意味ないですからね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.04.06 Wednesday 10:48

集客・マーケティングで大事な3つのポイント

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


青森の女性起業家養成塾の最終講義は卒業プレゼンです。

「自分らしいビジネスとは?」

「自分のお客さんは誰?」

「その人はどんなことを感じて、何を必要としているのか?」

「なぜ、そのビジネスを自分がするのか?」

「そのビジネスの価値と、自分の想いをどのように表現していったら伝わりファンが増えるのか?」



そうしたことを、知識やスキルを身につけながら、同時に、自分で考え
アウトプットする。

そんな6ヶ月間の集大成です。



さて今日は

--------------------------------
集客・マーケティングで大事な3つのポイント
--------------------------------

をお届けします。


青森で2011年より毎年開催されているビジネスプレゼンテーション大会。

2012年よりコメンテーターとして参加しています。


このプレゼンテーション大会は、通常のビジネスプレゼンとは違います。

多くのビジネスプレゼンテーションは表やグラフが出てきます。


でも、このプレゼンテーション大会はそれが一切ありません。


10分間という限られた時間の中で写真と音楽、本人のナレーションで

「ビジネスの価値」



「それをなぜ自分がやるのか?」

を伝えていきます。


なぜなら、人が何か商品やサービスを利用しようと思う時、

その商品やサービスを提供している人を応援しようと思う時、

それは、その商品やサービスが

「自分にとっての価値」

がある時であり、また時には

「提供する価値に共感」

する時だからです。


ただ、それだけだと、ちょっと弱いのですね。

人は何かお金を払おうとした時に

「でも、本当に大丈夫かな?」

といった疑問が湧いてきます。



だけど

「その人がなぜ提供しているのか?」

がわかると

「ああ、だからやっているんだ。だったら大丈夫そうだ」



「安心感」



「納得感」

が出て来ます。




実は、集客・マーケティングで大事なのはこの

「お客さんにとっての価値」



「その価値を提供している人への納得感」

なのですね。

そこを明確にせずに、SEO対策とか、ブログの書き方などのスキルだけを
身につけて実践しても結果には結びつかない。


だから、女性起業家養成塾の卒業プレゼンでも、やはり

「ビジネスの価値」



「そのビジネスをなぜ自分がやるのか?」

「自分でなくてはならないのか?」

を伝えるプレゼンにしています。


ただ、ここを組み立てるのには時間がかかるのと、自分ひとりでは
ちょっと難しいのですね。

でも、このベースを組み立てられれば、後は自分でちょっと手直し
は出来るようになる。

そのベースの上に、ブログ術や、フェイスブック、ホームページなど
のツールやスキルを活かせます。


だから、6ヶ月間という時間をかけて、僕や後藤さんといった講師陣
が講座を通して

「学ぶ」

時間をつくるとともに

「同志の仲間」

たちと共に切磋琢磨する場を提供していきました。



■今日のまとめ

集客・マーケティングで大事なことは

1.お客さんは誰か?

2.その人が今何に困り、何を必要としているのか?

3.それをあなたが提供する理由


の3つです。



ぜひ、その3つを意識してビジネスを進めて行ってくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加

| 1/1PAGES |