2016.03.30 Wednesday 10:24

「商品」磨いていますか?

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

さて今日は

--------------------------------
「商品」磨いていますか?
--------------------------------

をお届けします。


例えば雑貨店であれば店内をきれいにし、商品も見栄え良く
ディスプレイし、ほこりもはらい、照明もあてる。

店内や商品が汚かったら買ってもらえませんものね。


ちなみに、会社員と起業家の違いのひとつは

■起業すると自分自身がひとつの「商品」

ことです。



だから魅力的でビジネスをバリバリしている起業家の人たちって

外見はもちろん、内面も、知識も、コミュニケーション力も、
サービス力も常に磨き続けている。

そのことに時間とお金を「投資」する。


そして、僕自身、そのことに気づいてからは

「自分を磨く」

ことを意識するようになったし、その副産物として

「磨き続ける意識」

を持った仲間やそうした人たちが集うコミュニティに
出逢ったことって大きな宝物です。


やはり、自分ひとりだと、ついつい楽な方へ行ってしまいますものね。


でも、仲間がいると一緒に切磋琢磨できるし、仲間の姿を見て
自分も頑張ろうと勇気をもらえる。


そして、だからこそ、僕自身、自分のビジネスを通じて、そんな起
業した人たちが出逢い、つながるコミュニティづくりを目指しています(^^)


さて

「あなたという商品」

をどう磨いていきますか?


「あなたという商品」

をどう

「魅せて」

いきますか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.03.17 Thursday 12:23

20日まで半額!プロフィール作成術

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


週中から春らしい陽気になってきましたね。
同時に、花粉も飛びまくってます(^^;


さて、今日のテーマは

--------------------------------
プロフィール
--------------------------------

についてです。

また、お得な半額キャンペーンの紹介もあります。


さて、プロフィールとは何か?


よく「自己紹介」と同じに考えてしまう人もいるのですが、違うのですね。

ひとつの有効な「営業ツール」です。


人は、初めての会社や初めての人に依頼をしたり、サービスを利用するときに

「どんな会社なのか」

「どんな人なのか」

が気になるもの。


そして、その裏には

「この会社やこの人に頼んで本当に大丈夫?」

という

「不安」



「疑問」

が潜んでいるのです。


そこを解消するもののひとつがプロフィールです。


そして、僕も独立してすぐは、プロフィールを自分で作成していたのだけど、
どうもビジネスをバリバリやっている人と違う気がする。


それはやはり、上記の視点がなかったからなのですね。


そこで、ビジネス塾で知り合った小川晶子さんにプロフィール作成をお願いしました。

彼女は、魔法の質問のマツダミヒロさんのプロフィールを作成したり、
プロフィール作成講座などもしているその道のプロ。


その彼女が、ライターとして電子書籍についても今研究をしており、
その一環で自分が持っているコンテンツで作成してみよう!と
そのノウハウを何と全公開してくれました。


なお、20日(日)までは、半額キャンペーンで、600円⇒300円で購入できます。

コピーライターが教える、ビジネスにつながるプロフィールの作り方




内容は本当に全公開で、ここまでオープンにしてしまうんだ。。
と僕もビックリしているのですが(^^;

ぜひ、ビジネスにつながるプロフィールに興味がある方は読んでみてください。

<目次>
第1章 いいプロフィールを作るために知っておくべきこと
■プロフィールと自己紹介文は違う
■こんなプロフィールを書いていませんか?
■プロフィールの目的を明確にしよう
■いいプロフィールには3つの要素がある
■プロフィール作成7つのステップ

第2章 自分の中のコアを見つける
■リソース一覧からコアを見つける
■インタビューで強みの要素を出す

第3章 お客さまにとっての価値を見つける
■お客さまの悩みを考える
■プロフィール比較から見えてくること
■お客さまの目で自分を見る
■お客さまが紹介してくれるとしたら?
■「感謝の手紙」を使ったペルソナ作り

第4章 ポジショニング戦略
■ポジショニングを考える
■かけ合わせでオンリーワンを作る
■差別化ポイントを見つける
■競合のプロフィールを読む

第5章 信頼性を高める
■実績をわかりやすく伝える
■背景となるストーリーを組み立てる
■お客さまの声を入れる

第6章 方向性と人柄を加える
■方向性が見えているからいいプロフィールになる
■未来プロフィールを書いてみよう
■自分の未来とお客さまの未来をイメージする
■方向性を示す一文を作る
■人柄、プライベートを表す言葉を加える

第7章 フォーマットにあてはめてプロフィールを書く
■プロフィールのフォーマット
■プロフィール文の長さの目安
■推敲のポイント
■お客さまの言葉を使う
■媒体に合わせて調整する
■1.3倍のサービス精神で書く
■プロフィール写真にも気を使おう
■付録:プロフィール作成に使えるフレーズ集



このエントリーをはてなブックマークに追加

    2016.01.29 Friday 09:14

自分のことを書くのって苦手なんですよね

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


このブログではいろいろな視点や情報を得ると同時に、思考を巡らせて

「起業家脳」

にしていくことを目的としています。

パソコンで言えば、古いOSの上では、最新のアプリは動かないですものね。

そして得られる成果も変わってきます。

全部でなくて構いません。

ビビッ!と来たテーマ、内容があったらぜひ「思考」を巡らせてみてくださいね。

そのアクションが少しずつ「起業家脳」にしていってくれます(^^)



さて今日は

--------------------------------
自分のことを書くのって苦手なんですよね
--------------------------------


についてです。


先日のデザイナーの人たち向けの

「プロとして仕事をしていくための情報発信術講座」

の中での受講生からの相談。


さらに、その日の夜、仲間のヨガのインストラクターの人と
晩御飯を食べている時にも同じ話題になりました。

そして、僕も苦手でした。


今でも、自分のことをアピールするのは苦手です。


ただ、ある時に、この「視点」に気づいてからは書けるようになりました。

それは「自分のために」書くのではないというコト。


自分の仕事をうまくいくようにするため。

自分のところへ問い合わせが来るようにするため。


と考えると筆が進まない。


でも、大事なことは

「自分が目指す状態づくり」

であり

「自分のビジネスが提供する価値を届けるコト」

です。


必要としている人がいて、その手助けができるサービス
や商品を持っている。

そして、それを提供する人で、その相手の人生やビジネスが
少しでも良くなる。

さらに、その先に、その家族や会社、さらには社会が良く
なっていくことにつながっていく。


それを心底実現したい!と思うと、自分の考えていること、
自分のサービスについて書くことができるようになります。


もちろん、書き方が少し変わってきます。


何のためにやっているのか?

なぜやっているのか?

そして、それが広がったらどんな社会になるのか?


それを伝える。


そんな話を、講座の受講生や、仲間のヨガの先生にしたのですが

「そう考えるとちょっとできるかも」

と言ってました(^^)


大事なものはサービスや商品の先にあります。


ぜひ、そのサービスや商品を必要な人に

「ここにあるよ」

と伝えてくださいね。


知ってもらえなければ、必要としている人たちも手にできないのだから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.02.05 Thursday 09:22

「伝わる話し方」のコツ

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

昨年、青森の起業家育成の「自立型女子塾」の講座が半分ほど終った頃。

運営スタッフさんと話をしていた時に

「塾生の人たち、最初から比べると段違いに発言が具体的になって来ていますね」

といった感想が出ました。


確かにより具体的になったり、また、そこに「想い」が加わることで「伝わる」
ようになっていました。


誰にどんな価値を提供するのか?

その結果、その価値を受けた人がどんな喜びの声を発するのか?


を明確化すると同時に

「うん!これって本当にやりたい!」

と思った時の「伝わり方」は大きく違ってくるのですね。


この部分を丁寧に扱う起業塾って少ないので、青森の起業塾ではその部分を
重点テーマとして実施しました。


おかげさまで提携している企業さまと4月から第2期を開催する
ことになりました。


また、東京でも同じプログラムで開催しようかと考えています。

まわりをひきつける、ファンや仲間が集まる「伝え方」、そのための
ベースをつくりたい人は、ぜひ参加してくださいね(^^)


JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2014.10.21 Tuesday 09:47

自分の知識・経験をお客さんが欲しいものに重ねあわせる

「自己成長」と「成果」の両方を手にしたい起業家を支える専門家の
ビズフリーランス代表かりやコージです。


昨日は、クライアントさんのホームページ制作をしていました。

クライアントさんの価値を「見える化&魅せる化」する作業って好きです。

そして、価値は

「商品・サービス」

だけではなく、

「その人の想い」

「その人が積み重ねてきた知識・経験」


にあります。

なぜなら、それは誰一人として同じものがないから。

ただ、独りよがりだとダメ。

「その人の想い」

「その人が積み重ねてきた知識・経験」

をお客さんが求めているものに重ねあわせることが大事です。


ぜひ、あなたの

「想い」「積み重ねてきた知識・経験」

をお客さんが求めているものに重ねあわせてみてくださいね!



JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2014.05.08 Thursday 18:19

商品設計やサービス設計のコツ

独立起業した人を「伸ばす!支える!つなぐ!」専門家の
かりやコージです。

最近、体験学習会を始めた「アチーバス」というカードゲーム。

きっかけは僕が信頼する人からの紹介。

「これ面白い!」

とその人が言っていたので、体験会に参加したのがきっかけでした。


その時は、まさか自分がトレーナーになろうとは考えてもいませんでしたが(笑)


なお、僕は何でも「目的のためのツール」と言うとらえ方をするのですね。

だから、今回も、この「アチーバス」というツールを自分の目的にどう活用するか。

クライアントさんの目的にどう活用するか?


そう考えることで、そのふたつの掛け算の中から

「こうした使い方をしてみよう」

というアイデアが出て来るのですね。


この「異なるモノの掛け算」の思考が身に着くと商品設計やサービス設計にも役立ちます。


6/4(水)に開催する「売れる!欲しくなる!伝え方&魅せ方講座」もそんな
掛け算の視点を学ぶ講座です。


自分のサービスに、行動科学に基づく人が動きたくなる5つの要素を掛け合わせて
見る。

座学半分、実際にワークを通してやってみるのが半分という参加型の講座です。

この視点は、身に着けておいて損はないので、ぜひ参加くださいね!



JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.07.13 Saturday 11:18

「見せる」と「魅せる」の違い

こんにちは。
ビジネスを軌道に乗せる!スモールビジネスのパートナー
ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


僕は良くビジネスで「見せる」ことと、「魅せる」ことが
大切だと言っています。

先週末に僕の大好きなフォトグラファーでもあり、ビジネス
仲間の写真展に行ってきました。

その時に感じたのが「魅せ方」がすばらしいなあということ。


これは僕の定義ですが。。


「見せる」ということは、客観的に情報を伝えるというコトです。

自分のコト、自分のサービスを知らない人に
「客観的にわかりやすく」伝える。

これって大事なのですね。



それから「魅せる」は、自分の想いやメッセージを載せた表現になります。

これは「情報」として伝わるというよりも「感じる」領域です。

また、人により「好き」と「嫌い」「どちらでもない」と反応がわかれます。

これも大事です。



なおビジネスに置いて大事なこと。

それは、自分や自分のサービスの「ファン」を増やす事。

その時に大事なのが「魅せる」ことなのですね。




さて、写真展の話の戻りますね。

僕の写真展のイメージは、写真を大小のパネルして展示されているもの。


1枚1枚の写真にそのフォトグラファーの想いやメッセージがある。

それを写真から感じる。。


けど、正直わからないことも多々あったり(笑)


今回、僕が行った写真展は、8畳くらいの小さなスペースなのですね。

千駄木の住宅街の中にふと現れるスペース。



そして、中に入った瞬間、2人のフォトグラファーの想いがふわっと
包み込んでくれました。



言葉だけで伝えるのが難しいのが「魅せる」部分なのですが。


セレクトした写真はもちろん、部屋全体の写真の展示の仕方も工夫
されてて空間そのものが「魅せる」場になっていました。


この写真展、oiwaiフォトという2人のフォトグラファーのユニット
の写真展だったのだけど、フォトグラファーの彼女たちに話を
聴いてみたところ。。


どうしたら自分たちが表現したい世界を伝えられるか?を考えた結果、
今回の展示方法に行きついたとのことでした。



何か情報を発信する時に「見せたい」のか「魅せたい」のか。

それを考える。


すると、表現方法が変わって来るのですね。


あなたのビジネスで「見せる」部分はどこでしょう?

「魅せる」部分はどこでしょう?


また、それはどのように伝えるとよさそうですか?


今週は、どのように「見せて」行きますか?

どのように「魅せて」行きますか?






JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.03.28 Thursday 13:52

サイトやブログは●●●●●が実は大事なのです

こんにちは。
ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。

独立するとサイトやブログをつくろうと思う人が多いですね。

いいことです。


独立すると、最初は

誰もあなたのコトを知らない
誰もあなたのコトを紹介してくれない


わけですから、まずは自分から「情報を発信」して行くことって大事。

そうした時に「自分メディア」である、サイトやブログ、フェイス
ブックやTwitterなどのソーシャルメディアは有効活用すべきツール
のひとつです。


なお、その時に、相談も多いし、実際の動きを見ていて思うのが
みんなヘッダーやデザインに凝ろうとするのですね。


もちろん、インパクトは大事です。
だけど、サイトやブログ、SNSで最も大事なのは

コンテンツ

です。


すごいヘッダーやデザインをしても

更新しない
内容がビジネスとリンクしていない
内容があなたの人間力につながっていない


の「3ない」状態では意味がないのですね。


Webのツールは、あなたのビジネスやあなた自身について

何をしている人なのか、してくれるのかを「見える化」する
どんな価値や魅力があるのかを「魅せる化」する


ものなのですね。


なお、情報はある程度のボリュームは必要です。


でも、毎日書くネタがないからと言って、無理やり

内容がビジネスとリンクしていない
内容があなたの人間力につながっていない


ことを書くくらいであれば、僕は、書かない方が良いと思う
のですね。


そうしないと単なる「日記」ブログになってしまいます。


でも、きちんと載せる情報を「設計」して、それに絞って
載せて行けば「あなたらしさ」が伝わり始めます。


デザインだけに力を入れるのではなくコンテンツにも
同じように力を入れて行きましょう!




JUGEMテーマ:コンサルティング
このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.02.15 Friday 17:31

「見える化&魅せる化」すれば問い合わせが入り始める。だけど・・

こんにちは。
ビズフリ―ランス代表&スケジュールプランナーの
かりやコージです。

昨日、クライアントと話をしてて、ちょっと気づいたことがあります。

僕たちは、自分のことは自分が話さないと誰にも伝わらない。
だから、ネットツールを使ったり、人と会って話すことが大事。


その中で、ブログやサイトと言ったネットのツールは、最初は大変でも
一度掲載してしまえば

24時間365日

何の文句も言わず(笑)情報を発信し続けてくれる。


その時に大事なのが

自分の想

と合わせて

やっている実績

が見えるようにするコト。



そして、実績は、ある程度活動を続けていれば、それなりにある。
ただ、これをすることを意識していないと実施しているのに

写真
アンケート(お客さんの声)


がなかったりする。



でも、これさえあれば、あとはアップして「見える化&魅せる化」
していけばいい。


実際にこれをすることで、僕のクライアントさんもメディアや
企画会社、法人さんから問い合わせが入るようになっています。



だから、素材があるのであれば「見える化&魅せる化」していこうね!
というのだけど、素材があっても「見える化&魅せる化」すること
が苦手だったり、億劫だったりする人がいるのだということに
気づきはじめました。


僕からすると、すごくもったいない。
せっかく、魅力的なものがあるのに、倉庫にしまったままになって
いる状態ですね。



当面は、僕のクライアントさんに関しては、そのもったいない状況
をそのままにしておくのは、やはりもったいないので、それを表に
出すお手伝いもしていきますが、いずれは、この部分をしっかり
サポートできる、体制やサービスメニューで連携できる人と連携も
して行きたいと思います。





JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2013.02.07 Thursday 13:07

輝きが増せば問い合わせが増える

こんにちは。
ビズフリ―ランス代表&スケジュールプランナーの
かりやコージです。

あくまでも、ビジネス支援サービスの延長線上でこれだけのサービスは
していないのだけど、クライアントさんのブログやサイトをブラッシュ
アップして行くのって、すごく楽しいのですね!

僕のコンサルのスタイルは、コトバにすると難しいのだけど、クライアント
さんとの個別ミーティングを通して、その人の視点や考えとシンクロする
状態に持って行く。

ただ、完全にシンクロしてしまうのではなく、コンサルならではの俯瞰した
視点も持っておく。


するとその人やその人のサービスの強みや価値、魅力が浮き彫りになって
見えてきます。

これを言葉でフィードバックすると良く言われるのが

「引き出し」力がすごいですね!

ということ。
「引き出しマスター」のネーミングをしてくれた人もいました(笑)


そして、現行のブログやサイトが、その人の強みや価値、魅力を上手く
打ち出せていない時に、画像をカスタマイズしたり、メニュー構成を
変えたり、文章の見せ方を変えてブラッシュアップして行くと、その強み
や価値、魅力が輝きを増してきます。

イメージ的には、曇ってしまっている宝石を磨いていく感じ。



するとキラキラしてくる。こうなると、24時間365日、文句も言わずに(笑)
メッセージを発信し続けてくれるブログやサイトといったネット上のツール
の強みが活きてきます。

その結果、当然、問い合わせが増えて行くのですよね。


これからも、クライアントさんの強み、魅力を引き出して、輝きを増して
行くお手伝いをしていきたいと思います!



JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

| 1/2PAGES | >>