2013.07.18 Thursday 13:25

勝間さん流「メルマガネタの見つけ方」

こんにちは。
ビジネスを軌道に乗せる!スモールビジネスのパートナー
ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。

今日、僕のコンテンツは

メールマガジンを継続発行する「コツ」

だったのですが、講読している勝間和代さんのメルマガでも
ちょうど「メルマガネタ」だったので紹介しますね。


<以下転載>

こんにちは、勝間和代です。

たまに聞かれるので、メルマガネタの見つけ方を書いておきます。

とっても、単純で、

−自分が経験したもの
−人から聞いたもの
−書籍で読んだもの

などから、

「へーーー、ほーーー、ふーーーん」

と思ったものを、まず、手許のパソコンか、iPhoneに

「自分だけがわかるような書き方」

で1行だけ、記しておきます。

例えば、最近のメルマガネタですと、もともとの1行メモは

−ゆるい着替えない体操
−キンドルマンガネタ
−フィンランド症候群

みたいな感じです。

そして、時間があるとき(だいたい、寝しなのお風呂上がり)にその1行をみながら、たったかたーーーーー

と文章にする、その繰り返しです。

まぁ、要は、1日ひとつでも、

「1行ネタ」

があればいいわけで、さすがに、1日平均ひとつ以上はあるので、何かは書ける、というわけです。

メルマガやブログのネタに困っている方、ぜひ、

「1行ネタ」メモ

試してみてください。



僕のメルマガ継続発行のコツ

2.テーマが決まっていることで日々の中で情報ネタに気づくようになった

の部分で、実は僕も同じことをしてます(^^)


僕は勝間さんほどの文章量をこなしているわけじゃないので(^^;、
まずは枠を設計(デザイン)して大きないくつかのテーマを決めて
いるのですね。

そして、その設計したテーマで、まさに

「へーーー、ほーーー、ふーーーん」

とか

「おっ、これ面白い」

というものをネタとして日々の中で集めてます。


みんなの中にも既にコンテンツはあるのです。


ただ、それを「引き出すきっかけ」がないだけなのです。


ということは「きっかけ」をつくればよく、このネタ帳はその「きっかけ」
なのですね。


また、ネタがない時は、何でもいいのでキーワードを決める。


例えば「今日は暑い!」

じゃあ「暑い」をテーマに何か書けないかな?

と考える。


すると意外と文章が出てきたりします。

例えば僕の場合だと

「以前、まさに暑い夏のある日にこんなことがあった・・」

と回想から入り、そこで感じたコト、いま役立っていることの話を
するとか。


ぜひネタを集めて、あなたの頭の中の「引き出し」を開けてみてくださいね!




JUGEMテーマ:コンサルティング
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする