2014.01.12 Sunday 10:40

個人起業家の「覚えてもらうマーケティング」

独立起業した人が「身近な憧れの存在」になる!
お互いが共感する「想い」を軸に「専門力」でつながり「成果」を上げる!

起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。


このブログも含めて、僕はネット上では「かりや コージ」表記にしています。

ビズフリ―ランスのサービスでは名刺も「かりや コージ」表記です。


今日はなぜこの表記にしているのか?についての「真実」(笑)を公開。

実は奇をてらったわけではないのです。


僕の名字は「苅谷」です。

メールなどでは9割の人が「刈谷」と書いてくるので慣れっこ。


でも、どこかのタイミングで「苅谷」だったと気づくことがあるの
ですね。

すると「すみませんでした!!」と恐縮される。

そのころには、関係性も出来ている間柄だから逆に僕の方が恐縮してしまう(^^;


なので文章を打つことの多いネット上では「かりや」表記にしてます(^^)

で、下の名前も平仮名だと漢字が書けない子どものようになってしまう(笑)

ということで、カタカナにして「かりやコージ」に。

そうしたら、変な名前の表記の人ということで名前を憶えてもらえる
確率が高まったというけがの功名(^^)


僕が参加者としてイベントや勉強会へ行き名刺交換した時に良く声を
かけられるのが

「あっ!フェイスブックで見かけたことあります。
 友達のXXさんのフェイスブックでよく見かけてて、平仮名、
 カタカナで芸能人みたいな人だなあと思って印象に残って
 たんですよ」


というものなのですね。

あとは同じように写真も名刺やフェイスブックなど統一しているので

「あっ!この写真の人だ!」

「笑顔が印象的だったので一度会ってみたいと思ってたんです」

「本当にサスペンダーしてるんですね!」


なども(笑)


僕ら有名でもなんでもない、個人起業家は、ビジネスの価値はもちろん
のこと「認知してもらうこと」「覚えてもらうこと」って大事。



それも、お金をかけてブランディングせずに、今自分が持っている

「資産」

を活用するコト。
自分が既に持っている「資産」は使い放題ですから。


ぜひ、この3連休にそんなことも考えてみましょう!





JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする