2014.03.06 Thursday 10:16

大事なのは「●●」「■■」してくれた人たち

いかなる環境、条件の中に置いても、自らの能力と可能性を
最大限に発揮して道を切り開く人をつくり、共にこれからの時代をつくる!


起業家のIT活用支援&ビジネス推進オフィス「ビズフリ―ランス」
代表のかりやコージです。


日々個人起業家の方たちとお話しする中で感じるコト。

それは「想い」の強さなのですね。

僕は「圧」と言う言い方もします。


話す「言葉」は別に流暢でなくてもいいんです。

言葉の裏にある、言葉以外の部分で伝わってくる「想い」

心の底から「それを何としてもやるんだ!」と思っているコト。


人はそうした「想い」に触れ、それが自分が大切にしている
コトに近いと「共鳴」「共感」が起る。


そして。。

独立起業した人にとって、とても大事なのはそうした
「共鳴」「共感」してくれた人たちなのですね。



僕はコンサルタントです。

すごく冷静に、俯瞰をしながら、行き先を照らし、前に進むための
選択肢やきっかけをつくる。

それが仕事です。

でもね。

一方で僕も1人の人なのです。

やはり「共鳴」「共感」する。

さらには、一度に何十人も同時に支援できないからこそ、そうした
「共鳴」「共感」した人を支援したい。


そんな想いも強いです。


そして、そう想い、また、僕も伝えるコトで、支援したいと
思う方に出逢える。

そんな「連鎖」を感じています(^^)







JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする