2014.04.10 Thursday 10:20

ネットを活用した方がいいんですよね?

いかなる環境、条件の中に置いても、自らの能力と可能性を
最大限に発揮して道を切り開きこれからの時代を創る。


そんな個人起業家(個人事業主、フリーランス、ひとり社長)の
ためのコンサルティング&IT活用支援の「ビズフリ―ランス」代表
かりやコージです。


「ネットを活用した方がいいんですよね?」


個人起業家の方からいろいろ相談を受ける中で、多い質問のひとつです。

これ、実は回答に困る質問のひとつなのです(笑)

というのも、Yesでもあり、Noでもあるからなのですね。


まず、なぜYesか?

僕たちのビジネスは、まず人に知ってもらわなければなりません。

また、利用したいと思った時に連絡を出来るようにしておくことも大事です。

その意味では、リアルでも、ネットでも

知ってもらう

問い合わせてもらう&申し込んでもらう


ための「間口」は当然広い方がいい。

例えば、その「間口」1つから問い合わせが1件来ると仮定する。

そうすれば、1つよりも2つ、3つある方が可能性は広がるわけですね。

その意味ではYesです。


一方で、何かの「道具」を使う時に「お金」や「時間」「労力」が
必要になります。

また、その「道具」を使う上で、使う人の「得手」「不得手」も
あります。

さらには、その人のビジネスにおける「向き」「不向き」もあります。

つまり、それらを考えてみた時にNoになる人もいるのですね。


なお、ひとつの指針を伝えておきます。

もし、あなたのビジネスがネット上で発生してネット上で完結する
ものではない場合。

具体的には相談業の人。お店を持っている人。商品を販売している人。

まずは「リアル」を大事にしてください。



お客さんを具体的に明確にするコト。

そして、その人がお金を払ってでも解決したいコトを明確にするコト。

さらに、実際に、その人に、あなたのビジネスの価値を伝えて利用してもらう。


ここにたどり着いていない状態で「ネット」を活用しても上手くいきません。

逆に、リアルで既に動きがあるのであれば、それを「ネット」で
展開することで「間口」を増やすことはできます。

ネットはあくまでも「リアル」を補完するツールでしかありません。


ぜひ、そんな視点でフェイスブックやツイッター、ブログ、LINEといった
ネットツールの活用を考えてみてくださいね。



JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする