2014.10.15 Wednesday 09:32

個人でのクレジット決済導入方法

「自己成長」と「成果」の両方を手にしたい起業家を支える専門家の
ビズフリーランス代表かりやコージです。

毎週水曜日は先達の言葉から学んでいますが、今日は主旨を変えて。

クライアントさんからクレジット決済の導入について相談を受けることが
増えてきました。


金額が大きくなるとお客さんからクレジット決済の有無を聴かれることも
出てきますね。

また、僕の会社で経営している雑貨店でもクレジット決済を導入してから

1.売上単価が20%程度向上

2.リピート購入頻度が15%向上


しました。

お客さんにとって決済方法が選択できるのはいいことですね。

そこで今日は個人でのクレジット決済導入方法についてお伝えしますね。


------------------------------------
個人でのクレジット決済導入方法
------------------------------------


大きく2種類あります。

ひとつはネット上でのクレジット決済です。

講座やカウンセリング、コンサルティング、コーチングなどの決済を
申込時に行う。

これはPaypalが便利です。

Paypalでは法人はもちろん、個人事業主、さらに単なる個人でも
導入が可能です。

【手順】
まずビジネスアカウントの作成が必要です。

1.詳細の手続きについてはこちらを参照

2.登録は上記の画面の一番下の「新規登録はこちら」をクリック

3.個人事業主として登録している場合は、右の「ビジネス」で登録。
  若干登録は手間ですが、出来る範囲が広いです。

  登録していない場合は「パーソナル」でOKです。


あとは指示に従って必要書類を送付していけば3週間から1ヶ月程度で利用可能になります。


ふたつ目は、実際の講座やコンサルティングの場でのクレジット決済です。

スマートフォンやタブレットがクレジット決済端末になります。

日本ではいくつかサービスがあります。

主要なのは下記の4つです。

スクエア

ペイパルヒア

コイニ―

楽天スマートペイ


僕はスクエアを活用しています。

なお、クレジット決済の場合は、決済手数料として3.24〜3.6%が引かれます。

その他、決済金額を銀行口座へ入金する際に手数料などが発生する場合もあります。

このあたりは留意くださいね。


JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする