2015.01.07 Wednesday 20:25

時間管理のマトリクス(重要度と緊急度)

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

聴いたことがある人も多いやるコトの優先順位を決める時間管理のマトリクスです。

第1領域は誰でもわかるし重要視します。

そして起業家にとって特に大事なのが第2領域です。
事業を永続化させていくためには

自分自身や事業の状態を良い状態に保ち、さらに成長させていく

必要があります。

ビズフリーランス 重要度と緊急度のマトリクス



でも、ついつい第3領域に行ってしまう。
そうなってしまう第3領域の「ワナ」はなんだか知っていますか?

それは、第3領域は

■やるコトがわかっている
■慣れ親しんだ仕事が多い
■やると時間を使うので「やった感」がある


のですね。

だからついついこんなベクトルになってしまう。

ビズフリーランス 重要度と緊急度のマトリクス



一方で、第2領域はある意味

■知らない領域
■未知の領域

でもあります。

そのために

■何をしたらいいのか?
■何から手を付けたらいいのか?
■お金かかるしなあ・・


などがネックになるのですね。

でも、この領域の時間を確保していかなければ、起業家としての
未来はありません。

僕がクライアントさんによく言っていることは、

■この第2領域の時間を決めてしまいましょう

ということです。

例えば

毎週月曜日の夜2時間は「将来に向けた準備や計画」の時間とする
毎月、豊かな人間関係を構築するために、そうした人が集まる場へ行く
毎週末の3時間は心身とものリフレッシュの時間にする

などです。

ぜひ、こちらのベクトルを意識してみてくださいね。

ビズフリーランス 重要度と緊急度のマトリクス


JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする