2015.03.30 Monday 16:28

堂々めぐりからの脱却

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕のところへ相談に来るクライアントさんの傾向のひとつに

「堂々めぐりしてから来る」

のがあります。


なお「堂々めぐり」って大事なことなのです。

その間に、思考が深くなるから。


ただ「整理」したり「出口」が見えなくなるから、そこから脱却できなくなる。


今日のクライアントさんもそのひとりでした。


そして、一方で、僕のコンサルティングは

「ビジネスの構築のフレームワーク」



に従って「絡まった糸」をほどいて、そこに当てはめて俯瞰して見えるようにする
ことと、やるべきことを見つけることです。

ビジネスがうまくいかない時は、整理するべき内容が漏れていたり、優先順位が
間違っていることが原因です。

だから、それらのフレームワークに当てはめて整理すると

「何が欠けてて、何を明確化したらいいのか?」

が浮かび上がってきます。


そして、彼女からでたのは

「1ヶ月堂々めぐりしてたけど、こうして考えるとよくわかりますね!」

という感想。


なお、この時に僕にとって必要不可欠なのが壁面全面のホワイトボード。

2時間の中で、大体このホワイトボードがいつもいっぱいになります。



必要な情報の各項目の関係性が見えたり、フレームワークのどこに位置づけられ
るかや、さらに具体的なアクションや、対象となるお客さんの悩みや価値は何か?
といったすべての情報が俯瞰して見えるようになる。


脳内を「見える化」する形です。


だから「すっきり」するのですね。


そして、すっきり整理できて、やるコトが見つかれば。。


あとは行動するだけですものね。


これからも独立して1年目〜3年目の女性起業家の方たちの

「堂々めぐりからの脱却」

のお手伝いをしていきます(^^)



JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする