2015.07.01 Wednesday 09:15

見て学ぶ

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

先日の日曜日は沼津へ行ってきました。

僕の大学時代の合気道の師範は15年前に他界されました。

そして、昨年、合気道を再開してからの師範は沼津を中心に
道場を持たれています。

今回は、全10道場の人たちが集まっての合同稽古と年2回
行われる昇級昇段審査の日でした。


僕が次の3段を受けるには、あと短くても2年、普通であれば
3年は稽古を積む必要があります。

ということで、今回は、同じ道場の方たちの昇級審査のみでした。


師範が持たれている複数の道場の人たちが一堂に会すので
審査だけでも3時間(笑)

僕は審査を受けないので正座してみている時間が大半。


でも、これがすごく勉強になるのですね。

武道には「見取り稽古」というものがあります。


他の人の稽古を「見る」ことで学ぶのですね。

自分で稽古をすることも大事だけど、他の人の「技」を
見ることで、俯瞰して客観視することができます。

そして、それは、自分より上の段の人からも、さらに、下の
人からもそれぞれ学べることがあります。


そして、実は、武道に限らず、僕らって自分より上とか下とか関係なく
まわりの人たちから

「学べること」

ってたくさんあるのですね。


それは、誰一人として、全く自分と同じ経験、知識を持っている人が
いるわけじゃないから。


その人ならではの知識、経験、強みがあります。


そこに目を向けて学ぶ。

そんな視点で、日々過ごしていると、日々学びと成長しかなくなるので(笑)
楽しくなりますね(^^)



JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする