2015.12.25 Friday 09:15

「ドタキャン」された時の気持ちの整理法

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


このブログではいろいろな視点や情報を得ると同時に、思考を巡らせて

「起業家脳」

にしていくことを目的としています。

パソコンで言えば、古いOSの上では、最新のアプリは動かないですものね。

そして得られる成果も変わってきます。

全部でなくて構いません。

ビビッ!と来たテーマ、内容があったらぜひ「思考」を巡らせてみてくださいね。

そのアクションが少しずつ「起業家脳」にしていってくれます(^^)



さて今日は

--------------------------------
「ドタキャン」された時の気持ちの整理法
--------------------------------


についてです。


思考力って鍛練すると磨くことができます。


先日、個別相談のドタキャンがありました。

昔の僕だったら

「せっかく時間を取っていたのに」

「この時間に他のことが出来た」

「この無駄な時間をどうしてくれるんだ」

と考え、イライラしていました。


でも、それを考えても

■さらにイライラするだけ

■その先に何も新たな道は開けない

ことに気づいてからは

■何かの事象

があったら、その

■事実

をとらえ

「だったらどうするか?」

を考えるように思考の訓練をしていきました。


今回の

「事実」



「ぽっかり時間が空いた」

ですね。


だから、その連絡が入った瞬間

「おっ!ラッキー。2時間時間が出来たぞ」

「何をしようかな。仕事にしようか?リフレッシュの時間にしようか?」

という「思考」にシフトしていました。


僕ら起業家は

「未来に生きる」

人です。


現在は一つの通過点です。

そこに起こった

「事象」

を客観的に把握する必要はあるけど、そこにとらわれる必要はない。

逆にとらわれちゃいけない。


何か良くない事象があったら

「それはちょうどいい!」

と言ってみましょう。


すると、脳は

「なぜちょうどいいのか?」

を考え始めてくれます(^^)



自分がタダで使える「資産」は使い倒さないともったいないですものね。

そして、僕らの「脳」もその「資産」です。


的確な指示を与えると、考え始めてくれるので、ぜひ、効果的に
使っていきましょう!




JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする