2016.02.10 Wednesday 10:37

本田宗一郎の言葉「人間にとって大事なことは・・」

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

「ビジネスリーダーたちの言葉」のカテゴリーでは、週に1回は
リーダーの言葉から学んでいます。

しばらくHonda(本田技研)の創業者の本田宗一郎の言葉を届けていきます。

多くのことにチャレンジし、成功の数の何十倍も失敗を経験した人ならではの
実践学がいっぱいです。


人間にとって大事なことは、学歴とかそんなものではない。

他人から愛され、協力してもらえるような徳を積むことではないだろうか。

そして、そういう人間を育てようとする精神なのではないだろうか。


会社って学歴を気にしますよね。

一方で、僕ら起業家の世界は学歴ってほとんど関係ない。


何か仕事するときに

「最終学歴は?」

「あ、そちらの大学ですか」

なんて会話もしないし(笑)、それで一緒に仕事するかしないかを
決めることもない。


重視するのは、その人の人柄であり、仕事への取り組む姿勢。

また、目指す方向性や価値観が同じかどうかです。


さらに滅私奉公ではなく、自分の軸をしっかり持ちながらも、何か
あれば自分の強みで、他の人を支援できる人かどうか。


こうした人たちは、仲間たちにも恵まれているし、様々な壁に
ぶつかっても乗り越えて行けます。


だからこそ、自分の強みを知り、さらにそれを磨いていくことって大事です。


ちなみに「強み」っていうと、すごいことじゃないといけないと
思っている人が多いですね。

でも、そんなに大したことじゃなくっていいのです。


例えば、僕の強みのひとつは

「僕といると何となく元気が出る!」

というものです(笑)


でも、元気ややる気が出れば行動につながるから、それも必要な
ものだなと考え僕の

「強み」

のひとつに加えています。


そして、昔は何気なくしかしていなかったけど、自分の

「強み」

であることを認識してからは、それが無理なくできるように、ココロと
カラダの状態には気を使うようにしています。


本田宗一郎さんが言う

「他人から愛され、協力してもらえるような徳を積む」

ことのひとつとして、自分の強みで相手の役に立つことがあると考えています。



あなたの「強み」は何ですか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする