2016.03.11 Friday 09:17

ぶれない行動を生み出す半年ごとの「○○」づくり

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


このブログではいろいろな視点や情報を得ると同時に、思考を巡らせて

「起業家脳」

にしていくことを目的としています。

パソコンで言えば、古いOSの上では、最新のアプリは動かないですものね。

そして得られる成果も変わってきます。

全部でなくて構いません。

ビビッ!と来たテーマ、内容があったらぜひ「思考」を巡らせてみてくださいね。

そのアクションが少しずつ「起業家脳」にしていってくれます(^^)


さて今日は

--------------------------------
半年ごとの「スローガン」
--------------------------------


をお届けします。


アメブロを提供しているサイバーエージェントの藤田社長の

「経営者ブログ」



「サイバーエージェントでは半年に1度、「スローガン」を決め、掲げる」

ということが書かれていました。

--------------------------------
決める上で大事にしているのが、「時流を表現する」こと。

向こう半年が会社全体にとって、どういうステージなのかを

的確に表し、かつ、社員が日常的に使えるような浸透しやすい

ものにしなければなりません。
--------------------------------


今の会社やビジネスの状態を振り返りながら、半年未来をイメージして作る。


そして、そこから生まれたスローガンは具体的には

2015年度上半期のスローガン「FRESH!」

2015年度下半期のスローガン「NEXT LEVEL」

といったものだそうです。


こうしたスローガンのいいところは

「行動指針」

になることです。


実際に、サイバーエージェントでは上半期は、会議などで

「その企画ぜんぜんフレッシュじゃないよ」

「それはフレッシュな発想だね」

といった会話が飛び交っていたそうです。


これは僕ら起業家にとっても同じですね。

例えば

「ググッ!と一段深堀する」

と決めたとしたら、何かする時に

「もう一段深堀したらどうだろう?」

「ちょっと視点ややるコトが浅くないかな?」

と振り返ることができます。



例えば

「新たな一歩!」

と決めたとしたら

「今週はどんな新たな一歩を踏み出そうか?」

「あ、これやったら『新たな一歩』になりそう!」

と行動にフォーカスすることができるようになります。



ちなみに、この

「スローガン」

を考える

「行為」

もすごくいいです。

藤田社長も

「私がひとりで決めているのですが、これがとても苦労する作業なのです。」

と言っているのですが、僕も実際に考え始めてみて

■これまでの過去や今の状態はどんな状態か?

■目指す未来に向けて、今はどんな状況か?

■半年先には何を大事にすべきか?どうなっていたらいいか?


と「過去」「現在」「未来」を包括的に考えることができます。


実は、これってやってみると確かに大変な作業です。

でも、大事なことなのですよね。



これはクライアントさんたちにもよく話すし、僕が講座や個別相談で
意識していることは

「点」

の作業ではなく、未来へ向けて

「線」

をつないでいくことです。


ついつい僕らは

「目先」

のことにとらわれてしまいます。


そして

「目先」

だけで考えると

「よい」

と思うことも

「未来へつなげる線」

で考えてみると別の答えが見つかることってたくさんあります。



起業家は

「点」

ではなく

「線」

で考える人です。


そして

「過去」「現在」「未来」

を考えて

「スローガン」

を創ることは大変だけど、出来上がれば、それを

「軸」

に行動していけばよいので

「行動にぶれ」

がなくなります。

ぶれない行動は結果を生み出します。



このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする