2016.03.29 Tuesday 10:21

夢をかなえるゾウ「やらずに後悔してることないか?」

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

「ビジネスリーダーたちの言葉」のカテゴリーでは、リーダーの言葉
から学んでいます。

が。。


しばらくは、実在の人ではなく、ある本の主人公からの言葉をお届けします。

その本は、読んだことがある人も多いかもしれませんが

「夢をかなえるゾウ」

です。


この本から、ガネーシャの言葉をお届けしていきます。

ガネーシャの言葉にも「起業家」に役立つエッセンスがいっぱい詰まっています。


収入が少ないとか、時間がないとか、怖いとか、

色々な理由つけて結局やらずじまいになってもうてることないか?

やらずに後悔してることないか?


人は基本的に

「行動」

することをためらう生き物だなあとよく感じています。


今、僕が関わっている法人さんのプロジェクトで、僕のチームに3名の
メンバーがいるのですね。

そのメンバーたちは

「わあ、やることがいっぱいで大変だ」

「これやらなくちゃいけないんだよなあ」


と言いながら

「ちょっと息抜きしてからやろう」

となったり、3日たっても同じことを言っていたり(笑)します。


シンプルに考えれば、ひとつずつ片づけて行けば、確実に前進する。

積み重なっている「やること」も減っていく。

早く着手すればリスクも減る。


でも

「打ち合わせが多くてできませんでした」

「時間がつくれなくって」



「出来ない理由」

をつくってやらない。


そして、期限ぎりぎりになって

「やばい!終わらない!」

と23時過ぎまで残業したりしている。


これを毎回繰り返している。


これって、どうしてそうなるんだろう?

と考えたのですね。


そして、行きついた答えがおそらく、目の前のことだけを考えて
いるとそうなるのかなと。


大体、やろうとしないことって

「大事だけどちょっと面倒なことや労力がかかること」

なのですね。



だから、

「それをやるとしんどいなあ。大変だなあ。」

とそれを着手したら

「すぐに訪れるであろう状態」

に意識を向けるから、つい避けようとする。


でも、視点をちょっと未来において

■そのままにしておいたら1週間後どうなるか

と考えると

「どうせやらなくてはならないこと」

であり

「今やっておいた方が得策」


ということに気づく。


起業した人であれば

■そのままにしていたら半年後、1年後自分のビジネスはどうなっているか?

という視点ですね。


行動し結果を出している人たちは、この

「近い未来への視点」

をもっているので、目の前の行動をすることにためらいがないのですね。



僕も、常にこのことを自分に問いかけながら過ごしています。


「色々な理由つけて結局やらずじまいになってもうてることないか?」

「やらずに後悔してることないか?」





このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする