2016.04.25 Monday 09:47

1時間の過ごし方の濃度を濃くする方法

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。


さて今日は

--------------------------------
1時間の過ごし方の濃度
--------------------------------

をお届けします。

普通の人と、結果を出す人の違いは

「1時間の過ごし方の濃度」

の違いです。


全ての行動には「目的」があります。


ただ、その目的をどこに置くかで

「行動」

が変わってきます。


例えば、整体師として起業準備している人が、施術のスキルと
接客力の向上のために100人の人に施術をする。

コーチとして起業準備している人が、100人コーチングをする。


そんなことをする人たちも多いかと思います。

そんな時に、最初の10人、20人は緊張もするだろうから、
まずは実施することに専念するのはいいと思います。

でも、そのまま100人を終わらせてしまうのはもったいない。


本来の目的は、スキル向上もあるけど、起業した後に
スムーズにビジネスを開始することです。

その視点で考えた時に

■施術した人に感想を書いてもらう(体験者の声を集める)

■誰か友だちを紹介してもらう

■仲のいい人に、サービスしている様子を写真に撮らせてもらう

など、起業後に、これからサービスを受けようとする人たちにとっての

■不安や疑問を解消

したり

■申込みしやすくする

きっかけをつくるための行動がプラスされます。


つまり、

「目の前の目的」

から、さらに

「もう一段先の目的」

に視点を持って行く。



あるいは、1年後や3年後に得ていたい状況を思い浮かべて

「そのために、今やっておいた方がいいこと」

を考える。


そうすることで見えてくることがあります。


なお、この視点をずらしてみるようにすることは訓練すれば
誰でもできるようになります。


まずは、自分が何か行動するときに

「何のためにやるんだっけ?」

と自問自答するところから始めてみてくださいね。


何気なく過ごす時間を減らし、意図して過ごす時間を増やしていく。

これが起業した人の過ごし方です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする