2016.04.26 Tuesday 09:50

人をひきつける言葉のつくり方

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕の講座の受講生の方たちから要望が多いもののひとつが

「キャッチコピー」

であったり

「人をひきつける言葉」

のつくり方。


ただ、僕らはその道のプロではありません。

やはり、その道でずっとやってきている人にはかないません。


そこで、僕がおススメするのが、そうしたプロの方たちの力を借りるということです。


具体的には、電車の中づり広告や、新聞の下の部分にある広告のキャッチコピー
をベースにしてみるというやり方です。


広告は、その道のプロの人たちが考えて生み出したキャッチコピーの宝庫です(^^)


ということで、今日、参考にするキャッチコピーはこちら。


--------------------------------
保険会社が知られたくない生保の話
--------------------------------

です。


「えっ!何だろう?」

と気になりますよね。


では、これをベースに考えてみましょう。


--------------------------------
■整体師が知られたくない肩こり解消の話

□エステサロンが知られたくない効果的な痩せ方の話

■パン屋さんが知られたくない美味しいパンのつくり方

□敏腕マネージャーが知られたくない部下が成果を上げる方法

■コンサルタントが知られたくない人をひきつける言葉のつくり方
--------------------------------



自分が興味ある分野の話だったらつい、読んでみたくなります。


その道のプロの人が知られたくない情報。

人はそんな情報に興味をひかれます。


そして、僕たち、独立した人というのは、何かしらの分野の「プロ」です。


だから、こんな言葉をブログの記事タイトルに入れたりする。

あるいは、何かのイベントで自己紹介する時に、例えばエステサロンの
オーナーであれば

「横浜でエステサロンを経営している山田花子です。

 エステサロンが知られたくない効果的な痩せ方に興味ありませんか?

 効果的に痩せるにはポイントが3つあります。」

といった感じで1分くらいにまとめて伝える。


単なる「何をしているのか?」を一生懸命に話す自己紹介よりも
プロっぽさが伝わりますね。


人は誰しも「素人」よりは「プロ」にお願いをしたいもの。


だから、その道の「プロ」ならではの話をすることで

「この人は詳しい」⇒「ということは、自分のXXの悩みを解決してくれるのでは?」

と思ってもらうことができるのですね。



ぜひ、自分のビジネスに〇の部分と□の部分を当てはめて考えてみてくださいね!

--------------------------------
〇〇が知られたくない□□の話
--------------------------------


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする