2015.08.28 Friday 09:47

目的からの思考術

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。

さて今日は

--------------------------------
目的からの思考術
--------------------------------

についてです。


目的を意識する。

これって日常でもビジネスでも実はとっても大事。

トヨタの「5回のなぜ?」もそこに通じるものがある。

僕が身につけることができたきっかけは、実は合気道。

武道における所作も、体捌き、足さばき、手さばき、技の順序、決め方などがある。

だけど、大事なのはそこではないのですね。

相手の目的とこちらの目的。


武道の場合は実はシンプルなので、まだ考えやすいですね。

合気道の場合は、相手が日本刀を持って切り殺そうと向かってくる。

一方でこちらは無刀で、殺されないようにし、さらに相手を制する。

これがそれぞれの「目的」です。


ここを意識して技をするのと意識をしないで技をするのでは大きく
所作が違ってきます。


同様に、人が発する言葉、行動にはすべて「目的」がある。

相手は何をしたいのか?

何のためにその言動をしているのか?


自分のお客さんたちは、どんな「問題」や「課題」があって、
何を得たいのか?

なぜ、それを得たいのか?



「なぜ?」を繰り返す。

そして、見つかった答えに対して

「では、どうしたらいいのか?」

を考える。

それをすることで「根本」に対する対応ができるようになります。

深みが増してきます。


また、これはセルフカウンセリングやセルフコンサルティング
にも役立ちますね。

自分の言動に対して「なぜ?」を質問していけばいいのですね。



自分は今のビジネスをなぜしているのだろうか?


そして、出てきた答えに対して「なぜ?」を繰り返して思考を
深めてみてくださいね!




JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.08.26 Wednesday 09:24

コミュニケーション力を向上させる方法

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕はよく「餅は餅屋」ということをクライアントさんとの
個別相談の時に話します。


人それぞれ強みって違う。

クライアントさんならではの強みがある。

一方で、クライアントさんが不得意なことを得意とする人もいる。


会社は、営業、開発、経営、アフターフォロー、広報など
「餅屋」を組織化しているから成り立つ。


一方で個人事業主やフリーランスは「ひとり」です。

でも、それを全部一人でやるのは無理ですね。


だから、得意な人にお願いをする。



そんなことを伝え続けているのですが、一方で、どんな人も

「強み」や「得意とするコト」

って本当にあるのですよね。


そのことに気づいてからは、会って話しをしてて

「へーっ、それってすごいなあ」

「そんなこと知っているんですね!」


と日々新しい発見ばかりで毎日が楽しくなりました(^^)


同じ時間を過ごすなら、人と会って話をするのであれば、
そんな楽しい時間を過ごしたいですね♪


相手の「強み」を探してみる。

そんなことを意識して会話をしてみると、新たな発見が
あるかもしれません(^^)




JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.08.21 Friday 09:36

「ヒラメキの力」を意図的に生み出す方法

ビズフリーランス代表のかりやコージです。


さて今日は

--------------------------------
ヒラメキの力を意図的に生み出す方法
--------------------------------


についてです。

ビジネスにおいて

「ヒラメキの力」

があるといいですよね。


ちょっとしたブレイクスルーになったり、次のステップが見つかったりする。


最近、そんな

「ヒラメキの力」

を意図的に発揮できる方法を見つけました(^^)



それは、環境を変えるコト。

僕の場合は

「サテライトオフィス」

です。


僕の仕事は、パソコンと電源とネットワークと携帯が
あれば、どこでもできます。

そして、昨年から、青森で「起業塾」を始めるようになり。。


青森へ行くとこの

「ヒラメキの力」

が発動されるのですね。


違う文化、違う言葉、違う生活環境、違う食。


いろいろなものが刺激になる。

すると、ふと

■これまで気づいていなかったことに気づいたり

■新たな発想が生まれたり


する。


それであれば、青森の中でも、より青森らしいところへ
行くといいのでは?


そう考えて、昨年は十和田湖へ行きました。



そして、今年に入ってからは、雪深い「酸ヶ湯温泉」へ。



やはり「ヒラメキ」が訪れてきました。



僕のまわりでも年に数回、自分のビジネスを考えるために
「ひとり合宿」する人が多いですね。


歴史のある街、自然がいっぱいの環境、温泉があるところ。


自分が好きなところへ行くと思考も柔軟になります。


年に数回でもいいので、単なる旅行ではなく、自分の未来を
考える旅行もいいですね(^^)


起業家は自分の「時間」と「お金」を「未来」に使う人なのだから。
このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.08.18 Tuesday 09:11

思考や視点、ヒラメキをコントロールする方法

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

僕は基本的に夜型です。

AM3:00頃に寝てAM8:30ころ起きるなど。

ところが、久々に、お客さんのオフィスに席を用意してもらい
じっくり関わるコンサル案件が始まり。。

すると夜型ではダメなのですね。


そこは昔取った杵柄!?ということで、会社員時代のサイクル
に戻しました。

といっても、特別なことをするのではなく、1〜2時間早く寝て
その分早く起きるだけなのですが(笑)


少しずつ身体も馴染んできました(^^)

だんだん、朝の時間も心地よくなってきたので。。

もう少し早く起きて、朝8時くらいからお客さんのオフィスの
近くにあるスタバで仕事するのもいいかなと思い始めてます(^^)


環境が変わると発想や視点が変わりますね。

思考や感情、ヒラメキをコントロールしようとしても難しい。


でも「行動」をして「環境」や「触れる情報」を変えると、それが
しやすくなります。


最近、刺激が少ないなあ。。という人は、生活のリズムや環境を
少し変えてみると、見える景色も変わってきますよ(~^)





JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.08.07 Friday 09:00

まさか!そこまで!

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

さて今日は

--------------------------------
感動価値
--------------------------------


についてです。


今関わっている法人クライアントさんの本社が30分ほど
離れたところへ移転したのですね。


その法人さんは、一部上場会社で社員数も多いのですが、
そちらの社員の方御用達の居酒屋さんがあるのです。


そして、なんと。。

その居酒屋さんも、新しい本社近くに移転したのです。


社員さんは、もちろん大喜び。

連日繁盛しています。


お客さんのいるところでビジネスをする。

ビジネスの基本です。


お客さんがついているから30分かけても、また通って
くれるだろうと思わない。

実際、最初のうちは30分かけて通ってても、そのうち、
新しい場所でお店を見つけます。


でも、逆に、自分たちに合わせて移転までしてくれれば、
お客さんも

「まさか!そこまで!」

と嬉しく思います。

これがいわゆる「感動価値」です。



ビジネスがうまくいくポイントは

1.お客さんのいるところでビジネスをしているのか?

2.感動価値を提供できているか

ということです。


クライアントさんたちの相談をしていると、この
「お客さん」があいまいな人が多いのですね。


あまねくすべての女性にサービスを提供したい。

ママの役に立ちたい。

働いているサラリーマンの味方。


でも、これだと弱いですね。

具体的にイメージできるほどにする必要がある。


そして「お客さん」がありありと見えてきて初めて、その人に
とってどんなサービスを提供したら「感動」するレベルになる
かが考えられるようになります。


あなたのお客さんは誰ですか?


考えるためのフレームワークを掲載しておきます。


■年齢は何歳ですか?

■性別は?

■結婚している?独身?

■結婚していたら子供はいる?いない?

■住んでいるのは持ち家?賃貸?
 アパート?マンション?一軒家?

■年収はどれくらい

■会社員?経営者?起業家?

■その人が大事にしている価値観は?

■どんなことにお金を使っている?

■休みの日は何をしている?

■職場での立場は?

そして、その上で

■どんな課題や悩みを持っていますか?

を考えてみてください。


これが「顧客設計」です。



なお、こうした「思考を整理する」フレームワークがあります。

自分のビジネスを整理してみたい人は活用してみてくださいね。





JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.07.31 Friday 09:40

メルマガやめます

ビズフリ―ランス代表のかりやコージです。

さて今日は

--------------------------------
メルマガやめます
--------------------------------

についてです。


おおっ、これでうっとおしいメルマガがなくなる!

と喜んだ人もいるかもしれません(^^;


あるは、寂しく思ってくれた、嬉しい人もいるかもしれません♪



そして

「メルマガをやめる」

のは。。

今すぐではないです。



実は僕は

「メルマガをやめる時」

を決めています。


それは

「読者がひとりもいなくなった時」

です。


僕は、ひとりでも、このメルマガを必要としてくれて、その人の役に
立つのであれば書き続けます。


僕の知識や知恵が役立つ限りは伝え続けていきたいのですね。


知識は知恵は、僕が死んだらなくなってしまいます。

墓場に持って行っても何の役にも立たない。


それであれば、ひとりでも必要な人がいるのであれば、届けていきたい。

そんな想いがあります。


そして、この

「やめる時」

を決めておくと「楽」なのですね。


メルマガを書き始めた時に、多くの人が言うことがあります。


それは

「メルマガ解除があると凹む」

というものです。


僕も最初のころはその経験をしました。


やっぱり、読者が減ると悲しいし、増えると嬉しいものです。


でも、人との関係と同じで、メルマガにも「合う」「合わない」ってあります。


それは内容だったり、頻度だったり。


また、読み始めたころは「必要」だったけど、状況が変わって
「不要」になることもあります。



僕も

「メルマガ解除があると凹む」

経験をしたと書きましたが、その時に僕は

「そういえば、なんでメルマガを始めようと思ったのか?」

と考えてみたんですね。



最初は

「自分のメッセージを伝えたい」

「そこから集客のきっかけが作れたら嬉しい」

ということでした。


完全に

「自分目線」

ですね。。




でも、突き詰めて行ったら

「僕の知識や知恵が役立つ限りは伝え続けていきたい」

という答えに行きついた。


それであれば、ひとりでも必要としてくれている人がいたら続けよう。


という「覚悟」が出来たのですね。


そして、それから、書く内容も変化してきました。


何かちょっとでもヒントやきっかけになる情報を届けよう。

そんな気持ちで今は書いています。



僕らはビジネスの中で

「やるコト」

を決めることも大事だけど、一方で、それを

「やめる時」

を決めることも大事です。



これを決めれば、迷いがなくなります。


だって、その「時点」が訪れるまで、続ければいいのだから。


そして、迷いがなくなれば、あとは

「どうやるか?」

「どうすればよりよくなるのか?」

だけを考えればよくなります。


すると、いろんな道が見えてきます(^^)





JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.06.26 Friday 09:09

テーマを決めて話してみよう

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

さて今日は

--------------------------------
テーマを決めて話してみよう
--------------------------------

についてお伝えしますね。


スカイプやグーグルのハングアウト。

そして、アップルのフェイスタイム。

ネット経由のビデオ通信ができるようになって、話すだけであれば
物理的な距離が問題なくなりつつありますね。

先日、相手がipad、僕はiphoneでフェイスタイムを使ってみました。


青森の経営者とのミーティングだったのですが、音声も映像も
途切れることなく快適に使えました(^^)



遠方の人たちとネットで「知の共有」をする。

一方で、それぞれの場所にいるからこそやれることをする。

そんなスタイルの仕事の仕方が可能になってきました。


今までは、距離が離れていることが弊害でした。

でも、今は、距離が離れているからこそのそれぞれの価値を融合
していくことができます。

そんな価値創造の時代ですね。



なお、「知の共有」を「実際の活動」に結びつけるときの
「鍵」が「テーマ」です。


共通の「テーマ」を決める。

その上で話すことで、それぞれの「知」と「経験」がそこに
向かって集約していきます。


実は、クライアントさんとの個別相談も

■クライアントさんの「知」と「経験」



■僕の「知」と「経験」

の集約です。


共通のテーマはクライアントさんが目指したい「未来」です。


だから、最初にその「目指す先」を明確化します。

そして、だからこそ僕の「知」と「経験」の引き出しから必要な
ものを出して提供していくことができる。



ぜひ、ビジネス仲間と話す時は何か共通になりそうな「テーマ」を
決めて話してみてくださいね。

その相手の間で「化学反応」が起こる確率がグッ!と上がりますよ。


なお、時には、今日は「○○をテーマに話してみよう」と遊び感覚で、
決めて話してみるのも楽しいですよ(^^)




JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.05.22 Friday 09:49

共感や感動を引き起こす方法

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

自分の商品やサービスに共感し、感動してくれる。

これほど嬉しいことっていない。

そして、そんな状態になればビジネスってうまくいく。


では、そのためにどうするといいのか?


そのひとつの答えが先日、支援側メンバーとして参加した
ビジネスプレゼンテーション大会にありました。



そのプレゼンテーションでは


「その事業がうまくいったときに誰がどんなふうに幸せになるのか?」


をドラマのようにオリジナルの音楽と写真、ストーリーで描きます。


それがなぜ共感や感動を呼び起こすのか?



そもそも共感や感動ってどんなときに起こるものだと思いますか?


それは、疑似体験し、そこに感情移入したときに起こるのですね。

だから、そのためには「説明」や「説得」ではダメなのですね。


映画を見て興奮したり、感動して涙を流したり。

そんなことってありますよね。

2時間「説明」「説得」の映画だったら、嫌ですものね(笑)



そして、聴いている人が共感、感動すれば、ファンになります。

応援者になります。



そして、こうしたストーリづくりで一番大事なのが


誰にどんな価値(幸せや喜び)を提供するのか?


です。



えっ?もう明確になっているって?


では、そんな人も、そうでない人も、次の質問に答えてみてくださいね(^^)



それは、映画のように、ドラマのように、ありありと描けますか?

登場人物をキャスティングするとしたら、誰にしますか?

その俳優さんに、どんな人物設定を伝え、演技指導をしますか?

その主人公になったひとは、どんな言葉で、どんな表情で喜びを表現しますか?





JUGEMテーマ:コンサルティング


このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.05.14 Thursday 09:09

飛躍のきっかけにもなり、トラブルの元にもなるもの

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

先日、第32回目のアチーバス体験会でした。

アチーバスは

「コミュニケーションスキル」

をぐっ!と向上させてくれるゲームです。


さらに、誰かと仕事をする時の

「チームワーク」

にも役立つゲームです。


僕が、アチーバスを月に2回〜3回開催しているのはこの2つがあるからなのですね。


なぜなら。。


僕は長年コンサルタントとして多くのビジネスの現場に関わってきました。

たくさんの会社の組織に関わってきました。


そこで、わかったこと。


ビジネスにおいて、飛躍のきっかけにもなり、トラブルの元にもなるもの。

それは

「人」と「人」の関わり合い

であり

コミュニケ―ショーンの質

であるからです。


そして、さらに、ともに同じ目的を目指す仲間との

「つながり」

があるかないかなのですね。


ここが分断されていると、ビジネスってうまく回らない。


だから、その大切な部分を学べる

「アチーバス」

という学習ツールを学ぶ機会をつくってきました。


来年も月に1回〜2回、明治神宮前で開催していきます。


まだ参加したことがない方はぜひ一度体験しに来てみてください。


既に参加したことがある人は、自分の未来へ向けて自分磨きをしに来てくださいね!




渋谷・明治神宮前でアチーバス体験会を開催しています。





JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

    2015.04.30 Thursday 09:52

刀は左に差し、右手で抜刀します

ビズフリーランス代表のかりやコージです。

いきなりですが(笑)

刀は左に差し、右手で抜刀します。

そして、城中や相手の屋敷内で人と会う時に

「害意」

がないことを示すために、座った時に、刀を鞘ごと抜いて
右側へ置きました。

さらに明確に意思表示するには、自分の後ろに置きました。
(すぐには抜けない状態にする=抜いて切りかかる意志がないことを示す)

でも、その時に、逆に刀や槍で命を狙われ切りかかられた時の
徒手空拳での対応の技として集約されたのが合気道。

もう亡くなられてしまったのですが、最初の合気道の師範には
そんなことも教わりました。

今はもちろん、そんなシーンはありませんが(^^)、でも、稽古に
置いてはその意識で行うようにしています。

技のひとつひとつには当然ながら「目的」に対する「意図」があります。


そしてビジネスと同じで

「何のためにするのか?」

の目的を明確にして

「考動」

するのと、何気なく

「行動」

するのでは結果が違ってきます。


「何のためにしているのか?」

を意識するのは大事ですね!


あなたは「考動」と「行動」どちらをしていますか?



JUGEMテーマ:コンサルティング

このエントリーをはてなブックマークに追加

<< | 2/13PAGES | >>